緑内障

視野が狭くなる病気

少しでも目の異変があったら、まずは検査を受けましょう

緑内障は、目の奥にある視神経が眼圧によって障害されて視野が狭くなる病気です。症状としては、見えない場所(暗点)が出現したり、見える範囲(視野)が狭くなったりします。初期から中期にかけては視力が良いので異常になかなか気づきません。そして気づいた時には、既に視野が狭くなっているケースも少なくありません。病気の進行とともに視力は低下してしまい、最悪の場合は失明を招くこともあります。

緑内障の原因と頻度

緑内障とは、何らかの原因で視神経が障害され視野が狭くなる病気です。はっきりとした原因はわかっていませんが、眼圧の上昇がその病因の一つと言われています。2001年に岐阜県で行われた多治見スタディという緑内障疫学調査の結果、40歳以上の住民の約5%が緑内障であると報告されました。しかもその大多数は自覚症状がなく、眼科にも通院していないケースでした。

緑内障の治療

緑内障は進行すると視野が狭くなってしまい、最悪の場合には失明にいたる重大な病気です。しかし、現時点では緑内障を治すことはできません。薬物や手術によって眼圧を下げて視神経の更なる障害を防ぐことが現在のところ証明されている唯一の治療法です。

緑内障の種類

緑内障は大きく次の3タイプに分類されます。

原発緑内障

他の原因がない普通のタイプ

 

原発開放隅角緑内障
眼圧が上昇し、ゆっくりと病気が進行していく慢性の病気です。

 

正常眼圧緑内障
眼圧が正常範囲(10~21mmHg)にも関わらず緑内障になる人がいます。これを正常眼圧緑内障とよび、開放隅角緑内障に分類されます。近年行われた調査の結果から、緑内障の約7割が正常眼圧緑内障であり、また日本人に多いことがわかりました。

 

原発閉塞隅角緑内障
隅角が狭くなり、眼圧が上昇します。慢性型と急性型があります。

 

続発緑内障

他の眼疾患や全身疾患あるいは薬物使用(特にステロイド )が原因となって眼圧上昇が生じ、緑内障を発症するタイプ

発達(先天)緑内障

先天的な形成不全などが原因となるタイプ

緑内障の検査

視力検査や眼圧検査、眼底検査(目の奥にある視神経の状態を調べる)、視野検査(目で見える範囲や敏感さを調べる)、などが行われます。

緑内障の治療

まず薬物(点眼薬)で眼圧を下げる治療が行われます。眼圧が下がりにくい場合には、点眼薬を2~3種類併用することもあります。薬でうまく治療できないようなケースでは、レーザー治療や手術をすることがあります。

  • よくあるご質問
  • スタッフ募集
  • 中野区ドクターズ
  • 03-6304-8698