お悩み別解説

患者さんからよく聞かれるお悩みをご紹介します。以下のようなお悩みがありましたら、それは目の病気などが原因かもしれません。一度、当院にご相談ください。

症状

ものが見えづらい

当院を訪れる患者さんで最も多いのがこちらのお悩みです。以下のように、カウンセリングでじっくりとお話をお聞きしていくことで、原因を探っていきます。

距離感

近くのものが見えづらいのか、遠くのものが見えづらいのかをお聞きします。

時間的な経過

徐々に見えづらくなったのであれば、白内障が原因として想定されます。一方で急に見えづらくなったのであれば、眼球内での出血や網膜剥離などが疑われます。

かすんだり、視野が欠けたりする症状がないか

上記の症状があれば、緑内障や眼球内の出血、脳の病気が原因として考えられます。

目がゴロゴロする

「目がゴロゴロする」「異物感がある」というお悩みも多く聞かれます。
目の中にゴミが入っている場合があるほか、涙の量や質が低下するドライアイ、まつ毛が内向きに生え、瞳に触れてしまっている逆さまつ毛も要因として考えられます。

 

 

目に黒いものが飛んで見える

視界に黒い点や白い糸が浮かんで見えることを飛蚊症(ひぶんしょう)と言います。
加齢に伴う生理的な変化であれば特に問題はありませんが、中には、以下のような病気が原因である場合があります。

糖尿病網膜症、加齢黄斑変性(かれいおうはんへんせい)、静脈閉塞症が発症し、眼底が出血している
網膜裂孔(もうまくれっこう)
網膜剥離(もうまくはくり)

目がかゆい、充血する

目がかゆい、充血する、涙が出るといった症状がある場合は、アレルギー性結膜炎の可能性が考えられます。通常は症状をお聞きして診断しますが、場合によっては結膜の粘液成分や血液を調べてアレルギーの有無を調べることもあります。抗アレルギー点眼薬などを使って治療します。

 

 

まぶたが腫れている

目のかゆみがあった後にまぶたが腫れ、次第に痛みも伴うようになった場合、ものもらいかもしれません。ものもらいとは、まぶたのふちの脂腺や汗腺に細菌が感染したり、脂腺に脂が詰まったりすることで起きる炎症です。抗炎症剤、抗菌点眼薬、軟膏薬などを使って治療します。

 

 

子どもが頭を傾けてものを見ている、テレビを前の方で見ている

お子さんに上記のような様子が見られたら、それは斜視や弱視が原因かもしれません。斜視は早期に治療する必要があるので、気になった方は早めにご相談ください。

まつ毛が短い、細い、少ない

こんな症状がありましたら、一度当院にご相談ください。当院では、まつ毛を太く、長くする専用の育毛剤「グラッシュビスタ」を使用しています。使い方は、1日1回、夜寝る前にまつ毛の付け根部分に塗るだけです。

 

 

  • よくあるご質問
  • スタッフ募集
  • 中野区ドクターズ
  • 03-6304-8698